古染葡萄絵シリーズにてエコマーク認定を取得しました



弊社の取り扱い陶磁器シリーズの『古染葡萄絵シリーズ』にて

エコマーク認定を取得しました。


SDGs・アップサイクル・サスティナブルといったエコへの関心が高まっており、

お客様からも、そういった商品のお問合せを多くいただいております。


弊社もSDGsへの取り組みの一環として、再生陶器である「Re-食器」の取り扱いを開始し、『古染葡萄絵シリーズ』にてエコマーク認定を取得いたしました。






Re-食器とは

Re-食器のエコサイクルイメージ画像

不要食器や使用済み食器を再利用することで陶土を無駄に使わないリサイクル食器です。


陶磁器・焼き物は「陶土」という枯渇性天然資源を原料としています。不要な食器の多くは不燃ごみとして捨てられ、埋められていますが、1万年経っても土には戻りません。


「この貴重な天然資源を未来に残し、環境にやさしい食器のサイクルをつくりたい」との想いから生まれました。


エコマークとは

様々な商品(製品およびサービス)の中で、「生産」から「廃棄」にわたるライフサイクル全体を通して環境への負荷が少なく、環境保全に役立つと認められた商品につけられる環境ラベルです。国際規格に基づいて運営される、エコマーク制度は、環境配慮型商品(製品・サービス)を認定する環境ラベルとして、SDGs達成に貢献します。


関連リンク

エコマーク事務局

国際連合広報センター