Drag

Re食器

めぐり陶器

ProductsMeguri toki

scroll

環境にやさしい陶磁器のエコサイクルを

回収した不要食器や使用済み食器を粉砕し、陶磁器の原料である「陶土」に混ぜ込んで作られた器が「Re-食器」です。枯渇性天然資源である陶土の節約、不要食器の処分に必要な埋立地の拡大の抑制にもつながるエコサイクルです。

不要食器や使用済み食器はゴミとして回収され、埋め立てられても土に戻ることはありません。大昔の土器が発掘されるのと同じように陶磁器は1万年経ってもその形を残すため「陶土」に戻ることはないのです。

Re-食器のエコサイクルでは、自治体などが不要食器を回収。それを1ミリ以下に粉砕して陶土に混ぜて「リサイクル土」を作り、そのリサイクル土を使って作った食器が「Re-食器」となります。このRe-食器の仕組みは1997年から「グリーンライフ21・プロジェクト」が発足、研究がスタートしました。その後、各自治体などが不要食器の行政回収を行うなど徐々に普及してきています。また、国際基準であるエコマークを取得できる商品でもあり、国際規格にも認められている仕組み、商品となります。

  • Re-食器のエコサイクル

    不要になった食器類を回収し、
    粉砕して原料化

    01

  • Re-食器のエコサイクル

    他原料と混ぜて陶土を成形、焼成

    02

  • Re-食器のエコサイクル

    Re食器の完成、店舗や家庭に流通

    03

「持続可能な開発目標」

この先の世界が今以上によくなるために、2030年までに世界の人全員で協力したい目標

Re-食器は使わなくなった陶器を回収・粉砕し、もう一度土に混ぜ込んで新しい器に生まれ変わることにより、資源効率を上げ、環境に配慮した商品です。また、美濃焼(地域特産品)の使用で地域社会への貢献と販売促進につながる良い循環を生み出します。

二明商店の取り組みについて
  • 吉祥模様である葡萄絵を染付であしらいました。​葡萄は多方に蔦をのばし、しっかりと巻き付く様から「縁結び」。また、一房に沢山の実が生ることから「豊穣」「子孫繁栄」「商売繁盛」という意味を持つ縁起の良い絵柄とされています。

    ​エコマーク認定商品 21128012

  • 白磁の清楚な雰囲気に椿の柄を控えめにあしらいました。鮮やかな椿絵と清楚な染付椿の2種類の色合いで用意しています。

    ​エコマーク認定商品 21128012

    • 椿絵

    • 染付椿

  • 深緑・紺青・薄墨

    個々に表情が異なるのが特徴の器。濃淡やムラなど一つとして同じ模様がないので個性が楽しめるシリーズです。

    ​エコマーク認定商品 21128012

    • 深緑

    • 紺青

    • 薄墨

  • cafe

    「カフェで出てきそうなおしゃれな食器」をテーマに作られたマグカップやケーキ皿をそろえました。

    ​エコマーク認定商品 22128008

  • grace

    Online Store

    伝統模様である「十草」を外側にデザインしました。ボウルやプレートは重ねてもコンパクトに収納できる形状になっており、おしゃれでありながら普段の使い勝手も良い食器を目指したシリーズです。

    ​エコマーク認定商品 22128006